ホーム > 事業内容

Business事業内容

塑性加工技術を追求し、プレス加工の明日を創る

得意とする金属プレス加工では、塑性理論に基づいた新工法の開発・提案により、高精度且つ低コストな部品づくりを提案・実践。
また、金型製作においては、より高難度なプレス加工を早期に可能にするために、金型の高精度化・高剛性化・短納期化を実現しております。

Metal Forming金属プレス加工

塑性理論に基づいた独自技術と究極の成形機による金属プレス加工。

加工能力80ton~600tonのプレス設備を保有し、自動車関連部品をはじめ、家電・AV機器関連部品、建材関連部品などの生産をおこなっております。板厚0.3~9.0mmの鋼板や冷間鍛造用鋼線などの素材を用いて、トランスファ加工や順送加工など、製作する部品に最適な生産方法が可能となっております。
創業以来、主に精密板金順送加工を手掛けてまいりましたが、近年では塑性理論に基づいた独自技術(=KCF工法)の開発により、従来は他工法で製作していた部品をより生産性の高いプレス加工に置き換えるなど、工数・コストの削減、部品の高機能化に対応した高難度部品の生産を行っております。

加工品目

Metal Die金型製作

最新鋭設備と当社の技術が可能にする、金型の高精度化と短納期化。

プレス加工において、プレス機械と並んで最も重要な要素の一つは金型であるといえます。当社では金型製作を、設計から加工、組込みまで一貫して社内でおこなっており、量産加工に使用している金型はすべて社内で製作・メンテナンスをおこなっております。より高難度なプレス加工を早期に可能にするため、金型の高精度化・高剛性化・短納期化を実現しております。

設備紹介

  • CNCジグボーラー
    安田工業 YBM Vi40
  • プロファイル研削盤
    岡本工作機械製作所 UPZ210LiⅡ-2
  • ワイヤ放電加工機
    ソディック
  • プレス成形機
    アイダエンジニアリング UL-6000
  • プレス成形機
    アイダエンジニアリング UL-4000
  • プレス成形機群

Measurement画像測定/3次元測定

顧客の要求を満足させる品質保証体制

製品の品質については、ISO9001(2006.4月取得)に基づいた管理を行っております。

設備紹介

  • 東京精密
    マルチセンサ式 小型三次元座標測定機
    O-INSPECT 322
  • 東京精密
    三次元座標測定機
    ザイザックス RVF600A
  • 東京精密
    表面粗さ・輪郭形状複合測定機
    SURFCOM 1900DX3-13